整体の泰誠館 200の手技から、あなたの痛みに応じた施術を!

 

紫外線による身体への影響

最近では、帽子・日傘・サングラス・アームカバー等、様々なUV対策グッズが登場しています。
外出の際にいつも使用していますか?「面倒くさい」と思う方もいらっしゃるはずです。
しかし紫外線は肌に悪影響ですので出来る限りUVカットに努めましょう。 

 

目への影響

視力が低下したり、ものがかすんで見えたりする「白内障」になりやすいと言われています。
紫外線が目の中に入る時は角膜を透過して水晶体で吸収されます。この水晶体はタンパク質と水分から構成されており、色は透明です。
しかし紫外線を浴び続けるとこのタンパク質が酸化を受け、濁った色へと変化します。
白内障や結膜充血、紫外線角膜炎など、目のトラブルや病気を招く危険性が高いため、きちんとUV対策を行わなければなりません。

 

肌への影響

しわ・たるみ・しみ・吹き出物などの様々な肌トラブルを抱えるだけでなく、皮膚がんの発症率も高くなります。
皮膚に過剰な刺激が加わるため、細胞のがん化が進行してしまうわけです。がんになる可能性があると考えると、日焼け対策を「面倒だ」なんていってはいられないと思います。
UVカットにはもちろんUVクリームが重宝しますが、基礎化粧品でのスキンケアも怠らないでいただきたいです。
その理由は肌の乾燥が日焼けの大敵だからです。肌が乾燥すると、バリア機能が低下し、紫外線から皮膚を守ることができなくなってしまいます。
これを防ぐには保湿が欠かせません。保湿力が低下すると肌トラブルのもとになりますので、化粧水や乳液でしっかりと水分補給を行いましょう。

 

免疫力の低下

皮膚には「ランゲルハンス細胞」という免疫機能に不可欠な細胞が点在しています。
この細胞は異物の侵入をいち早く察知し、「免疫システム(リンパ球)」にその情報を知らせる働きをしています。もし紫外線を浴びすぎてしまうと、この細胞は強いダメージを受け、全身の免疫システムへ異物の侵入を伝えることが困難になってしまいます。
そのためスムーズに防御体制を整えられなくなり、感染症にかかりやすくなるのです。
このように、紫外線の影響は多岐にわたります。これらの症状から回避するためにもきちんと対策を行いましょう。

 
 
 
もっと、もっと、あなたのおそばに… 泰誠館[TAiSEiKAN]店舗検索