整体の泰誠館 200の手技から、あなたの痛みに応じた施術を!

 

間違ったダイエットについて

ダイエットにはたくさんの落とし穴があるといいます。成功者よりも失敗する人の方が圧倒的に多いのはそのせいです。
「もうリバウンドは嫌だ」、もしそう願うなら、まずは間違ったダイエットとはどのようなものかを考えてみましょう。 

 

絶食

「とにかく食事のカロリーカットしかない」と、食事を一切口にしない極端な食事制限は、減量という意味では確かに即効性がありますが、一時的に痩せたとしてもすぐにリバウンドしやすいです。
断食中は体内が栄養不足となるため、摂食障害を引き起こす危険性が高くなります。
十分な栄養が体内に行き届かなければ筋肉量が大幅に減ってしまうでしょう。そうなると基礎代謝量もグンと低下します。
代謝が下がると脂肪燃焼がスムーズに行えなくなるため、結果的に痩せにくい体質へと変化してしまうわけです。

 

短期集中ダイエット

「あと1週以内にマイナス3キロ」というような目標を立て、短期集中で体重を落としていく方法を選ぶ人がいらっしゃいますが、これは非常に危険な賭けになります。
絶食と同様でリバウンドしやすいからです。短期間で急激に痩せると、脳が「飢餓状態だ」「危ない」と判断し、栄養を体内に蓄えようとする力が働きます。
そのため、ダイエットが終了した1週間後に普通の食事に戻したとしても、通常の倍以上吸収しようとするため、脂肪が蓄積されやすく太る要素を増やしてしまいます。

 

置き換え・単品ダイエット

「りんごダイエット」「おからダイエット」など、特定の食品に偏った食事で済ませようと思う人も多いはずです。
確かにりんごやおからは身体が喜ぶ素晴らしい食品です。しかし栄養バランスを崩しやすく、ダイエットに適しているとはいえません。
脂肪を燃やすのに必要な栄養素も足りないですし、 毎食同じ味では飽きてしまいます。
これでは長続きがしないどころか、ストレスで反動食いに走る可能性も十分あります。栄養バランスの整った食事を1日3食規則正しく食べることが理想的なのです。

 

無理な食事制限をしなくても、日々の栄養バランスさえ気をつけていれば、徐々に体重を減らすことが可能です。
もし普段の食生活で補えない栄養素があるのなら、ダイエットサプリをプラスすることで改善されるでしょう。

 
 
 
もっと、もっと、あなたのおそばに… 泰誠館[TAiSEiKAN]店舗検索